スポンサードリンク

「毎週の体重」を確認することで体重管理を行うとよいですよ

妊娠初期は、つわりが激しいこともあり、体重が増加しなくても問題はありません。

妊娠中期に入り、つわりの症状がおさまってきた頃からは、妊婦さんの食欲も増えますから、体重管理が必要になってきます。

妊娠中期に入ってからは、毎週300から500gの体重増加が理想的です。

毎週増加する体重の量は、多すぎても少なすぎてもよくありません。

毎週、決まった曜日に体重計に乗るようにしてみて下さい。

そして、体重の増加量を日記等に記録しておくとよいですよ。

妊娠中の体重を記録できる本も販売されていますから、自分でノートを作るのが大変という場合には、体重記録用の本を購入するのもよいですね。

体重が増加することは、悪いことではありません。

妊娠中は、胎児や胎盤、羊水の分も体重が増加します。

また、妊娠すると子宮や乳房が大きくなるに伴って体重も増加します。

血液や水分も増える為、標準的な体型の妊婦さんは、妊娠中に7kgから10kg体重が増加します。

ただ、体重が増加しすぎることはよいことではありません。

静脈瘤や妊娠糖尿病等のリスクが高くなるからです。

体重を管理する為にも、毎週体重計に乗って、記録をつけておくとよいですよ。

体重が極端に増えすぎている時は、運動を行うか、食事の見直しをしてみて下さいね。

スマイルベビー水ボトル(2本)到着

[ボトル(2本)到着]

妊婦さん「痩せすぎの体重」では赤ちゃんが栄養不足になりがちですよ

妊婦さんの多くは、極端な体重増加を抑える為に体重の管理を行います。

近年になって、体重増加に対する意識が強まった結果、体重を極端に増やさない妊婦さんが現れるようになりました。

体重増加に敏感になり、元々痩せ型であるにも関わらずダイエットを行い、栄養不足になるというケースです。

当然、妊娠中太りすぎてしまうと分娩にも影響が出てきますから、危険です。

ところが、痩せすぎている妊婦さんというのも非常に危険なのです。

妊娠中のダイエットにより、体重増加が見られないということは、胎児に栄養が送り込まれていないのと同じことです。

妊娠初期は、つわりの症状で食べることができない妊婦さんも少なくありません。

また、妊娠初期に体重増加が見られなくても、重大な問題が起こることはありません。

つわりがなくなり、安定期に入れば、自然と食欲がわいて、胎児に栄養が送り込まれるからです。

妊娠中期の安定期入っても体重増加が見られないということは、赤ちゃんが栄養不足に陥っている可能性が高く、低体重で産まれてくるリスクも高くなります。

低体重で産まれてきた赤ちゃんは、将来的に生活習慣病にかかりやすくなりますから、赤ちゃんが将来健康でいる為にも、適切な体重増加を目指すことは必要になってきます。

また、妊娠中のダイエットは体力減少に繋がります。

体力がなければお産を乗り切ることはできません。

赤ちゃんを無事に出産する為にも、無理なダイエットは行わないようにするとよいですね。



スポンサードリンク
スポンサードリンク